奈良県奈良市の歯科医院 「松田歯科クリニック」は再生療法を用いたエムドゲイン、GBR、サイナスリフトなど行います

奈良県奈良市南紀寺3-62-4
TEL 0742-24-4618

トップページ
松田歯科クリニックの医院案内
松田歯科クリニックの院長紹介
院内・設備紹介
CTレントゲン
インプラント治療

インプラントって?

当院インプラント治療方針

インプラント治療の流れ

手術の不安を解消

インプラントのメリット

入れ歯やブリッチの方へ

再生療法について

インプラント治療の症例

インプラントQ&A

インプラント相談室

歯周病治療
審美歯科治療
矯正歯科治療
当院の診療例
初診予約受付
松田歯科ブログ

奈良市 歯科
「松田歯科クリニック」
の携帯サイトはこちら

再生療法について


再生療法とは失われた組織を再生させその機能を回復させる治療であり、歯科治療においては骨欠損を有する天然歯の保存のためには最も期待されている分野です。当院はこの再生療法を用いた治療が可能です。

最新システムとインプラント専用処置室を用いており、確実で安心な治療を行うことができます。再生療法に関してご不明やご質問は、どうぞお気軽にインプラント無料相談でお尋ね下さい。

エムドゲイン

エムドゲインゲルとは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料のことです。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供のころ、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種でできています。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若豚の歯胚から抽出精製したもので、2001年12月現在、世界28カ国で使用されています。歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現することができます。こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促し、健康な歯周組織を取り戻します。

GBR 組織再生誘導療法

GBR(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導療法)は骨が薄くなってしまった場合、骨の再生を促す特殊な膜を入れます。破壊されてしまった歯槽骨は徐々に再生されてきます。

サイナスリフト ラテラルウィンドウテクニック

サイナスリフト(Maxillary Sinus Augmentation)は上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材を填入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

ソケットリフト オステオトームテクニック

サイナスリフト同様に上顎洞底挙上手術法の一つです。サイナス・リフトとは異なり、上顎洞を露出させず口腔内より上顎洞底の歯槽骨を挙上させるとともに、上顎洞の底部の膜(シュナイダー膜)の弾力を利用して行います。具体的には、上顎の歯肉を切開して歯槽骨を露出させ、上顎洞の底部の骨を専用の器具(オステオトーム)で槌打して、現れたシュナイダー膜を上顎洞内に押し上げるようにして、膜を剥離していきます。


Copyright(C)2010 MATSUDA DENTAL CLINIC All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】