奈良県奈良市の歯科医院 インプラント治療をお考えなら歯科用CTを導入している安心安全な歯科治療をしております「松田歯科クリニック」

奈良県奈良市南紀寺3-62-4
TEL 0742-24-4618

トップページ
松田歯科クリニックの医院案内
松田歯科クリニックの院長紹介
院内・設備紹介
CTレントゲン
インプラント治療
歯周病治療
審美歯科治療
矯正歯科治療
当院の診療例
初診予約受付
松田歯科ブログ

奈良市 歯科
「松田歯科クリニック」
の携帯サイトはこちら

歯科用CTレントゲン(プレビスタ)

見えないところが見えるようになり、安心して確実な治療が実現!最先端の歯科用CTレントゲン

患者さんにもっと安心してうけてもらいたい!今までのレントゲンではわかりにくかった細かいところを確認でき、さらに歯や顎骨の構造が立体的(3D)で見ることが出来ます。ワンランク上の安心を目指して当院では最先端のデジタルレントゲンを導入しました。

画像は診断室に備えられたモニターに映し出し患者様にも確認して頂けます。また歯科用CTは、医療用のCTとは異なり、歯科用にカスタマイズされたもので、放射線量は10分の1以下になっています。

歯科用CT プレビスタフレックス3D

当院は、最新の京セラメディカルの「プレビスタフレックス3D」歯科用CTを導入しております。安心・安全・確実な治療を行うためにCT撮影を行い、3Dシュミレーションソフトを用いて、術前に適切な診断、インプラントの埋入位置の決定などを行います。

歯科用CTってどのような事が把握できるの?

●インプラント埋入のシュミレーション
●顎の骨量、骨質、神経、血管との位置
●歯根の断裂
●親知らずの位置
●根の先の病気の状態
●歯槽骨の量や形態

など、見えなかったものが見える!判らなかったことが判る!出来なかった治療が出来る!になるようなことが、歯科用CTを導入することで正確な診断と快適な歯科治療が可能になりました。


そもそもCTとは?

CTとは(コンピュータ断層影/ComputerTomography)の略で、様々な角度からX線をあてて、体を輪切りにした断面画像で見ることができるようにする装置です。撮影された画像からは、血管や神経、骨などの正確な位置を確認することができます。

通常、虫歯などで行うX線撮影(レントゲン)は、歯並びの様子を見たり、虫歯の治療を行うのには非常に役に立ちますが、安全なインプラント治療を行うためには、顎の骨の状態の正確な診査・診断が重要です。


CT撮影を行うことで、3次元で顎の骨の状態、骨の硬さや形、神経の位置まで正確に把握することができ、より精度の高い診査・診断を行うことができます。 また、歯周病治療や親知らずなど埋伏歯の治療の場合も同様に、通常では見ることのできない神経や血管の走行、歯根の裏側などをあらゆる角度から確認できますので、より正確な診断が可能になりました。


歯科用CT プレビスタの特徴


3D画像診断で立体的に確認

従来のレントゲン写真は、歯や骨の状態を2次元(2D)で表現するため、正確な形状や位置関係が把握出来ない欠点がありました。三次元(3D)で表現することでよりお口の状態を解りやすく見ることができ、正確な診断が出来るようになりました。


見えないものが見えるように!

様々な角度からスライスした断面画像で骨のや顎骨の内部を見ることが出来ます。今まで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。


Copyright(C)2010 MATSUDA DENTAL CLINIC All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】